3月のおのろけ

 去年の今日は俳優祭でしたね〜。はしゃいだわ〜。と、確認したら、去年の昨日、つまり、3月 27日だった。。記憶なんてあてにならん。初の俳優祭から一年と一日。おもしろかったなぁ。と いうか“祭り!”だった。吉さまブースにしかほとんどいなかったけど。ロビー回遊魚客の熱気は すごかった。次はいつ?でも、吉さまがお出にならなければ行きませんけど。(たぶん)    そして、桜はもう、ほぼ見頃。帰宅途中で、寿司折りのでっかいの重ねてもって夜桜見物へ向か う小集団に遭遇。場所とりさんは昼間から頑張ったんだろな。うちの前に桜並木があって、今日か らぼんぼりつきました。うっひょ〜。きれいきれい。ベランダからの夜桜見物もきれいよ〜ん。 春に急かされてる感じで、四月が待ち遠しくってろくろっくびになりそうです。今日はヴィヴィア ン・リーの伝記文庫が通勤の供でした。ほいで、自覚はないのに微妙に寝酒の量が増えてるらしく、 今週はずっと胃の調子が悪いですぅ。(自業自得)(^^;                   3月28日 夜

 桜咲きました。綺麗ですわ。椿買いました。まだ蕾。文庫本一冊買いました。「江戸風狂伝」夏 みかん食べました。す、すっぱい。洗濯もの夜乾ししました。か、風けっこーつめたいのね。  さ、四月がやってくるーーー。                   3月26日 夜
 血ケット眺める。じーーーーーっ。早く観たいなぁ。長兵衛おやびん吉さまに、知盛吉さま。 桜の蕾もふっくらむっちり。あと一週間もすれば咲きますねぇ。けけけ。ほほほ。ははは。禁断症 状を悪化させたトークショーから19日、な、な、ながーい。舞台の吉さまが恋しい。                   3月22日 夜
 のへら〜っとしてるうちにチケ松一般売りだし日も過ぎてしまいました。吉キチ各位:首尾はい かに?    春眠暁を覚えずで寝た寝た赤子のように寝てました。血ケットはまだ手元にないし、エンジンか かってません。蟄居中で、どっこの劇場にも行ってないし。で、パーの映画chで「54」なんつー のを見ました。スタジオ54とかいうサタデーナイトライブが絶世の頃の、70年代NYの有名ディ スコっすね。面白かったです。あとは、文庫の読み直し強化月間っつーか、新しいの買えないので いろんな文庫かたっぱしから読み直してます。四月まであと少し。がんばります。ふらふらのぶら ぶらですけど。                   3月18日 夜
 ホワイトデーだったんですねぇ。あんまり関係ないけど。  歌舞伎会特別会員分チケ松血戦を終えて、気が抜けて、ぼっけぼっけのほろほろのふらふら〜の 怠け者になってました。ほけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・・・・・  で、温泉行きたい。かなり行きたい。昨日の毎日新聞夕刊「楽屋で一服」を読みましたら湯布院へ 行かれたのねぇ。吉さま。いいとこらしいよねぇ。そして、蜘蛛巣城のスチール撮影もしたんだねぇ。 はぁはぁふむふむ。まだ台本できてないのねぇ。今度は上演されるよねぇ。ほおほお。トークショー での鬼平は大変だったのねぇ。この「楽屋で一服」って舞台の無い月には吉さま近況報告みたいで 嬉しいね。なんせ会報なんてないからさ。後援会。温泉行きたいなぁ。湯布院ほど遠くでなくてい いからさ。なんか疲れちゃったよ。すべてに。(うそ)というわけで四月を前にちとアンニュイで はございますが、本日のおのろけとさせていただきます。(なんのこっちゃ)                   3月14日 夜
 吉キチ各位:吉さま禁断症状の今日この頃、いかがおすごしでございます?まだ、寒かったりす るので風邪や、季節の病花粉症や、吉さまへのぶらぶら病やらでわずらってはおりませぬか? さ、明日は歌舞伎会特別会員チケ松日でございます。がんばるぞ。    でもね、いへね、がんばるんだけど、先月からの引っ越し疲労が蓄積され、引っ越し後もなんや かやと忙しく筋肉疲労です。今日もホームセンターとやら、でっかい店へ行きまして、くつ箱と整 理棚をゲット。ああた、だだっぴろくてだだっぴろくて、ハイキングしたような歩行量ですわよ。 ああ、温泉に行きたい。が、血ケット代でかつかつです。つーかマイナスもマイナスです。(^^; 旅行パンフだけもらってきてね、温泉と季節の花と料理写真見てはとほほ。。です。一等席昼夜を 一度がまんすればそこそこ(私的には)お大尽な近郊温泉で一泊のんびりできるんだけどねぇ。 一等昼夜をも一度がまんすればかーちゃん連れて親孝行もできるんだけどねぇ。かーちゃん、すま ん。もうちっと待って。どれくらい待つかわかんないけど。。とりあえず、もうすこし。。 で、貨幣価値が血ケット単位になってはや5年弱。                   3月10日 夜
 もう昨日の“トーク”じゃないじゃーん!の怒りモードはおさまりました。釈然とはしないけど ね。鬼平の朗読そのものが悪いってわけじゃないから。でね、ダンボールにもぐってた鬼平犯科帳 文庫第2巻に収録の「谷中・いろは茶屋」読み返しましたわ。いきなり忠吾の悶え声から。そうそ う、その悶え忠吾の科白がシルエットごしに聞こえたのよ。ふっふ。そして、お松の悶え声もー。 いろは茶屋を選んだのはなんでなんだろ?忠吾が主役のを読みたかったのかなぁ?悶え声がやりた かったのかなぁ?おいおい(^^;ほいでも、最後は素の吉さまのトークで締めてほしかったよな。 ま、四月の舞台に賭けよう。  まだ、元の住処の荷物が整理できてなくて、今日も行ってきてやっと空にできたんですけども、 つっかれましたわー。人間ひとりに何でこんなモノが増えんのかねぇ。しっかし、吉さま→引っ 越し→吉さま→引っ越しのような2月、3月であるわいのぉ。ぎっくりにもなるわいのぉ。で、今 は伝統文化放送の「源氏物語」を録画ちょちょら見中しながらこれを書いてます。桐壺帝が好きぃ。 吉さまでも観たいなぁ。時蔵さんコワキレイだわ〜。芝雀さんがカワユイ〜。  さて、お風呂入って“トーク”部分をアップせねば。                   3月 5日 夜
 通勤時間がどあつーどあで一時間になり、電車乗ってる時間が増えたので文庫本読みふけってま す。なんで空いてる都営線。不思議。で、これ以上本を増やすわけにいかないのでありもんの本を 読みかえしてますがジェフリー・アーチャーの「ケインとアベル」面白いね〜。あっという間に時 間がたって退屈しません。男のハーレクインロマンス。ちとちゃうか。いや、全然ちがーう。  嗚呼、禁断症状の3月をどうやってすごそうか。とりあえず、雛祭にはトークショー。今年は何 で驚き&感激させてくださるのか?吉さま。去年は「幸福な王子」朗読で泣いてらしたなぁ。 楽しみ楽しみ。 そして、肩いたーい。腰いたーい。足いたーい。とほほ。                   3月 1日 になったばっかし *2001年 2月のおのろけ *2001年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2000年 12月のおのろけ