8月のおのろけ
 ゴエ吉さまのポスターにうっとり。。                8月30日 日付変更したばかり。あと、2日・・・
 後援会からも血ケット到着!んふっふ・・のっほほ・・ほーっほほ・・昼の部はか ぶりつきが・・しかし、夜は・・・んまっぜーたくは言うまい。  今日は吉さまトークショーだったなぁ@東京会館にて。ちょうど雷雨で大変だった かも。行かれた方々だいじょびだったかなぁ。聞きたかったなぁ。んでも我慢我慢。 一等血ケットよりお高いんですもの。。髭面吉さま拝みたかった。くぅーっ、まさに 「血ケット」でもいいの。愛してるからー!(秋も近いのにアホなアタシ)                8月24日 あと、8日
 九月まで我慢できず、ゴエ吉さまのポスターを求めて、帰路歌舞伎座へ。ポスター 買うの初めてだし、観劇するわけじゃないからちっとドキドキしてたんだけど(私は 小心者)無事拙宅へお連れすることができました。 ・・デカ!飛んでるぅ〜!つづら背負って両手広げて、片方は寄り目、片方は瞳を真ん 中に。天地眼っていうんでしたっけ?見得して飛んでるポーズ。こりゃ、噂に違わずデ カイわ〜。ようやっと貼れた壁面。魔除けになりますわん♪                8月19日 日付変更したばかり。あと、13日
 チケ松すんで日が暮れて・・・思っていたよりは早めにつながり、喜んだのもつかの ま。うーん、夜の部の三階の「い列」がない。曜日関係なく、全日全滅。あとはチケ松 流れを待つしかないか。昼の部は希望の席をゲット。ゴエ吉さまも楽しみだけど「名月 八幡祭」も楽しみ楽しみ♪なので、まずは満足。っていうか、昼の部は一等席もいっぱ いあって、だいじょび?といらぬ心配をしてまいましたわ。恋に狂ふ小心な男の物語で しょー「あの女は、、鬼でぇす、、」ってふらふらしちゃうんでしょー。きゃあ〜♪ 観たい観たい。早く観たいー!・・・ふぃ〜っ・・・なんか疲れましたわ(^^;                8月15日 夜 あと、17日
 伝統文化放送の「名月八幡祭」を観た。面白かった。八十助も福助もいい。役柄に合っ ている。八十助さん、「私はあなたの下僕」みたいな役が似合うな〜。生真面目で、腰 も低く、常識もある。のに、一歩踏み外したら、ストーカーみたいの。(褒めている) これまた、わがままで気の強い、んでも頭もお腹も空っぽみたいな、福助さんの美代吉 (褒めている)新助ちゃん、そりゃ、あぁたの悔しさもわかるけどもさ、女なんて目の 前のもんしか見えないし(私だけか?(^^;)故郷の田畑、家屋敷をいくら捨て値で売っ て拵えた百両かは知らねども、殺しちゃうかねー?美代吉にめろめろ〜んの表情や、ふ られてからの愁嘆場、雨の中の殺し、最後に祭りの若い衆たちに胴上げみたく連れられ ていくときの(きっと番所へ連れてかれるんだろうけど)狂乱放心の笑い、これを吉さ まがおやりになるのね〜♪と、楽しみではあるけれども、短絡的であまりに精神の弱い (それを若さの物知らずゆえの純粋さ。と呼ぶのかもしれないが)弁慶をなさってさえ 思慮深く見える(私的には)吉さまに合うかどうか。。役柄上の見た目の若さは、何と でもなろう。しかし、あの「若さ=バカさ=青年の愚鈍なまでの純粋」が吉さま、どう かな〜。なんて。私が今よりもっと娘(?)なら、新助さん、かあいそう・・・(涙) にもなろうけれども。。んで、確かに美代吉もひどいとは思うけど、反面「女ってそん なもんよね〜」と感じる部分もあったりして。どっちかってーと「新助ちゃん、痛い目 あっても何とかなるじゃん!百両は手元に残ってんだしさ!シャキッとせーよ!」と画 面にはっぱかけときました。じろざえもんさんの話と似てるけど、あっちは見請けの話 もゴーサインになってて、しかも満座の中で恥かかされてるしね。あと妖刀の力に導か れて・・・てことになってるし。殺しも計画的で、八橋と2人きりになるまでは、今ま でどーり佐野のお大尽のいい人ぉん♪になってるし。「オジサマその方が不純〜」って 見方もあるけど、アタシ的にはそっちのが納得いくな。だってぇ、新助ちゃんてば錯乱 して通りかかる人々に「美代吉、、あの女は鬼ですぅ」なんて言っちゃうんだもん。嫌 いっす。こんな男。。。(^^;                8月 9日 夜 あと、23日
 ぼけーっと、伝統文化放送を見ていたら「歌舞伎座百年史」とやらの宣伝をしていて、 記念式典の映像がちょっと映った。歌舞伎役者がずらーっと黒の紋付き袴姿でゴージャス に並んでいるのだが、んと真ん中から下手に向かって、梅幸、がんじろう(漢字が出ん) 幸四郎、吉右衛門(さま)、仁左衛門、玉三郎、勘九郎だった。(私の記憶と目が確かな ら。)確認したのはそこまで。幸四郎さんと仁左さま(当時孝夫)に囲まれた吉さまは、 あ〜ら不思議!両人よりもじじ・・・もとい大人っぽく、もとい年上に見える。全然似て ないが、髪黒々、細身長身の幸四郎さんと仁左さまに囲まれた吉さま・・・うーん、舞台 での競演が観たいものだ。(わし何が言いたいんじゃ。。)んとね、豪華だった〜。って ことを言いたかった。  しかし、連日水のCMを見張ってるのにお目にかかれん・・・  夏の雲数えて空に吉菱の色                8月 5日 夜 あと、27日・・・
 連日の30度すぎの日々。心身ともにけだるい。ちょっと夕寝をしたら、よけーだるい。 吉さま舞台禁断症状悪化の一途。体調にも影響を及ぼす。鍼の先生にも「固まってますね ぇ。やっぱり舞台観て、喜んでる方が血行も良くなります」と言われた。  ・・吉さま・・ 吉さまがいないと駄目なんだ。その命を削る舞台を観ていないと、へばちゃって、弱ちゃっ て抜け殻のこんこんちきな奴になりさがってしまう。映像も写真も気休めにしかならない。 嗚呼、、駄目、、駄目だ。。こんなアタシがやるせない。真夏の夜の憂鬱である。                8月 3日 夜
 九月まで あと ひとつき・・・                 8月 1日 夜 * 7月のおのろけ* * 6月のおのろけ* * 5月のおのろけ* * 4月のおのろけ* * 3月のおのろけ* * 2月のおのろけ* * 1月のおのろけ* *12月のおのろけ* *11月のおのろけ* *10月のおのろけ* * 9月のおのろけ*

HOMEへ