2005年 2月のおのろけ

  2月24日 夕方  ごとびょうえ吉さまと最後の逢瀬をしてまいりました。  やっぱし、私の感想は変わらず、チャーミングだけど、そんなには愛せない。 まあ、左官のちょーべーさんや、牡丹灯籠のともぞーさんや、サザエさんの父なみへーさん ばりのもとえもんさんよりは、もののふであるだけマシって感じ。とっても消化不良。 やんちゃっぽくて可愛ゆかったりもするのだけれど。ひとうまに乗って見得するとこなんて かっちょいいしなあ。話そのものがあんまし好きくなかったです。 こればっかりは好き嫌いだなあ。 いや、そりゃ、吉さまを愛してますよ。ほんっと。  これで、三月、四月が歌舞伎座なら、たぶん四度もお目にかかりにはゆかなかったでせう。昼の部だけだしさっ。  明日は千穐楽。われらが旦さんが明日、一日、機嫌よく舞台を勤められますように。    ちまたではインフルエンザや風邪がはびこり、私も風邪気味でした。 異動したばっかで、それなりに、気くたびれた。ふらふら状態でもあったりして んで、あんまし愛せないごとさんでも、そりゃ、他の方が演られるよりは、五萬倍は 愛せますし、気くたびれも風邪菌もかなり減ってますよ。はい。 元気出しましょ。  本は、遅ればせながら「テロリストのパラソル」「ひまわりの祝祭」同じ作家の 二冊読みました。おもしろかったでし。またもや読むものが無くなってしまったので 困ったときの池波頼みで、真田太平記をリピート読みする予定です。  こないだ、吉キチさんとおしゃべりしてまして、 「われら、吉キチ、どんなことがあっても大体は吉さまのおかげで乗り切れる」と。 同感です。何があろうともがんばりまっす。舞台を拝見できるのが甲斐ですものねぇ。
  2月14日(15日になったばっかり)  五斗吉さまとバレンタイン逢瀬してまいりました。 三連休中に国内時差ボケのような日常を過ごし、観劇日前のコーフンで前日は 午前四時くらいまで、ごとさんのように滝呑みはしませんでしたが、ウォッカを 生でくいくいやってしまいました。結果…  …ひーっ!六郎さんの朗々たる声が響く〜!  …きゃーっ!たろさんじろさん兄弟のサラウンドスピーカー台詞が直撃〜  がんがんんがががーーーんっ!おーまいがっ!な状態でございました。  五斗さんがおでましになってからは軽減しましたが。面目ない。(^_^;)  で、鐘が響き渡るような状態で、でも、真剣には観ていたのですが 「嗚呼、クマちゃんに逢いたいなあ。」と心は叫んでいました。 歌舞伎座の中心でクマちゃんと叫ぶ!…←いへ、言ってみたかっただけです。(^_^;)  ごとさんも、チャーミングでとっても魅力的で、楽しかったのですけれども 好きなのですけども、どうしても… きんぐおぶ苦悩!な吉さまが恋しい。ごめんなさいね。吉さま。。嗚呼。。  去年末にibookG4アップルちゃんを購入したのですが あんまし使えません。これも、前からいるimacちゃんで書いてます。だって、同じ アップルちゃんでもOSが違いすぎて、データ移行できないみたいだし、PageMillが G4では使えないみたいなんですよ。それでも好きだぞ。アップルちゃん。  本もいろいろ読んでいますが、今日、「純情無頼 小説阪東妻三郎」を文庫で入手。 読み始めたら、面白い。幸四郎三国志と似た面白さ。おすすめです。  も一度、ごとさんにお目にかかりにいく予定なのですが、さて、私事ですが異動にな りまして、まあ、都内なんでそんな大変じゃないんですけど、異動して間もないのに 休めるかどうか。。うーん。がんばります。 2005年 1月のおのろけ   2004年11月のおのろけ 2004年 9月のおのろけ 2004年 3月のおのろけ 2004年 2月のおのろけ 2004年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2003年 12月のおのろけ