2004年 3月のおのろけ
 弥生もはや一週間。しかし、さむっ。  吉キチ各位は、我らが旦那さまが今月はお休みなのでまったりお過ごしでしょうか? それとも脱力寂寞でしょうか?  がっ、お休みとはいえ、吉さまは、もとい「松貫四」さんは、大変でしょうかね。 歌舞伎chのデジカメニュースで見た会見では、前に演られた脚本を三分の一くらい削るとのことで、 会見当時ですでに、「もうすぐできる。」とのことでしたが、日夜心は作者としての松貫四と演者とし ての吉右衛門でいっぱいなんでしょうねぇ。吉さま、自分、吉キチ各位も体調崩されませんように。 それだけです。はい。  しかし、四月の俳優祭詳細も気にかかり、六月出演(予定)の歌舞伎座詳細もとっても知りたい今日 この頃です。あ、巡業ちけのことも忘れぬようにせねば。  発作的にこんぴら遠征を決定してしまい、今は、ちけ待ちなんですけども、まー、毎年のことながら こー考えていると一年が早いっ。ふーっ。  「翔ぶが如く」は四巻目の後半、面白いんだけど人名が多すぎて、再読、再々読くらいしないと完全 把握は無理かも。薩摩ことばというのは良いものですねぇ。  東京の櫻開花予想は三月二十日とやら。琴平の開花予想はいつなんでそうねぇ。ま、自分の遠征日は 公演日程の後半なので例年どおりの櫻さんでも花は見られないんですけどね。それでも楽しみでございます。 うふ。初日まで一ヶ月ないんですもんね〜。なんかすっ飛んでゆく日々。驚愕呆然でございますわ。ふう。
 3月 1日 夜  もうすでに頭の中は櫻満開。かかか。  青花さんに教えていただいた、Graziaの162Pの吉さま写真… すげえええきでいっ!(きれいっ!) 儚げなほど凛とした表情。。しかしまあ、いんたぶーの内容が、吉さまらしいっちゃらしいけど、まー、 いつ読んでも正直っつーか、ある面、身もふたもないっつーか、どきどきしちゃいますわ。(^_^;)  で、読書は「燃えよ剣」上下巻を読み終え、「翔ぶが如く」に突入。真田太平記以来の超長篇だわん。 ただいま三巻目の半分くらい。おもしろいっす。  で、映画ラスト・サムライの渡辺 謙はかっちょよくって、大好きだったけど、やっぱしアカデミー 助演男優賞はとれなかったねぇ。私は大好きな映画だったけども、そー大大大ヒットは無理だわなあ。 日本はともかく、世界マーケットでは。 私は特に合戦シーンが好きでさ、上記二作品の戦闘シーンとオーバーラップして迫力倍増ですわ。凄絶だよねぇ。 も一回見たいな。 2004年 2月のおのろけ 2004年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2003年 12月のおのろけ