2004年 2月のおのろけ
 2月22日 夜 猫の日〜  すでにちょーかめですが、14日にはバレンタイン逢瀬をし、残る逢瀬はあと一度。のはずでした。 がっ!こんぴら〜んには行けず、次の逢瀬は6月歌舞伎座なので、発作逢瀬に行ってまいりました。 20日の日に。てへへ。歌舞伎chの収録が入っておりました。放送が楽しみっすね。はい。  初日に観たときが、いっちばん、らぶらぶに見えた、六くん&お園ちゃんカップル、二回目までは らぶらぶに感じましたが、三回目には、や!二人の仲が冷えた!ように見えました。が、20日に観た ときは、愛復活!に見えたような気がしました。ほい。 それでも、やっぱし、初日が一番らぶらぶに見えたけど。。  21日には、遅ればせに、ラスト・サムライを見に行きました。期待は半信半疑だったんですが、 これがよかったです。よく作られておりました。合戦シーンの激烈さといったら血が踊りました。 涙もちょちょぎれました。なんつっても、「パーフェクト…」そしてぐったり。。。ほえええ。。。  そんなわけで、こんだはほんとに、あと一度の逢瀬を楽しみにがんばります。
 2月11日 夜  六助くんに逢いにゆこっ!キャンペーン第二弾に行ってきました。お客さんいっぱい入ってました。 うふ♪  んが、舞台写真がまだ出てませんでした。夜の部への替わり目に出たんでしょうか? それともカメラマンさんが病気なのでしょうか?私の記憶が確かならば、前〜に吉さまが六くんを されたとき、あれは初春歌舞伎@一月だったと思うのですが、そのとき「カメラマンが病気なので、 今月の舞台写真は出ません」by歌舞伎座オネーサンだった。筋書買ってないんで、前回の六助吉さま がいつだったか、わかんないんですけど、確か、一月だったような。。初歌舞伎なのに〜!きーっ! だったことを覚えてるんだけどな。  ま、それはさておき、今日の逢瀬も楽しゅうございました。鴬の声を聞く姿の風情もぐっどでした。 台詞と見得の良さもさることながら、動きもきれいだったんですなあ。ふんふん。お園ちゃんに仇と 疑われて、短刀かわして、しゅくるるるって、畳に立ち戻るときの動きがすばやかった。 やっぱし、今年赤さん還りとは思えない。ただ、声を張る台詞のときに、ほーーーんのちょっぴし、 声が割れたかなあ。お風邪でなければよいのだけれども。うん。 しかし、あれだねぇ。播磨屋は、うまいねぇ。今日は幕切れ近くに「大当たり!」がかかってました。 異議なーし!  真田太平記の再読も十一巻までいきました。けなげすぎるぞ、大助っ。泣けるっ。 そして、六助くんに逢いにゆこっ!キャンペーン第三弾にむけてがんばりまっす。 見終えて元気うれしくなるので、鮨屋に寄って、昼ビールきゅーっとやりました。 熱燗のがよかったんですけど、まっ昼間だしぃ。穴子白焼きも、んまんまだったです。はい。  2004年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2003年 12月のおのろけ