2003年10月のおのろけ
 10月31日  おひさしぶりっす!髪結いさんに行ってきました。準備は万端です。 待っててね〜。吉さま。  で、池波氏の「その男」を読み直し、図書館で、イヴ・モンタンとグレタ・ガルボの伝記 を貸し出し、岡本 綺堂の「江戸っ子の身の上」文庫をゲット。めくるめく現実逃避中です。  黒主吉さまとの逢瀬の叶わなかった今月。カブキチ仲間さんに舞台写真を送っていただき 眺めつつ…嗚呼、でっかい。かっちょいい。いろっけ〜。熱烈希望東京上演!  船弁慶の弁慶はどんなかな〜?出番は多いのかしらん?盛綱さんは、生締白塗りもののふ。 ロンゲバクハーツもいいけれど、白塗りもののふも、そりゃ、楽しみ。そいで、今年最後の 吉さま舞台ですしねぇ。早いねぇ。。一年。。。夢のごとし。。。。…がんばろうねぇ。。。。。 吉キチ各位。  おセンチになりがちな秋の日々、前のめり吉さまモード、がんばりまっす。  と、投票ランキング、知盛さんと俊寛が競ってますね〜。年末までにどーなるか? けっこー、楽しい。うふ。
 10月20日 になったばっかり  御園座の吉さまのことを想いつつ、ちっときなきなしていましたら、あれよあれよと、 11月チケ松分チケットも届き、気付けば御園座もラストスパート。 うう、黒主吉さまにお目にかかりたかったわあん。 でも、11月の歌舞伎座に向けて、前のめりな吉さまモードにもってかないと。  で、「永遠のマリア・カラス」のサントラCDと「マリア・カラスという生き方」という本 をゲットし、この週末は現実逃避してまひた。ビデオは「ニューヨーク・ニューヨーク」と 「足ながおじさん」をレンタル。なんかひとり懐古趣味にひたってる今日この頃でございます。 神経に触る男を神経に触るように演じるデニーロと、かーちゃんに似てるーなライザ・ミネリ。  それと正反対のよな、神経に全然触らないらっきょハゲ@フレッド・アステアと、 レスリー・キャロンの恋物語  らっきょハゲは見た目はともかく、役者というよりは芸人魂というか、 とびっきり、ソフィスティケイティッドでありながら何よりも「プロ」でございますねぇ。 だって、ああた、あの動きはほぼ奇跡的でございますよ。はい。 そんなわけで、新しい映画もぐーですが、古い映画も人間の力でゴージャスでぐーでございます。 今の人間が飛びまくる、ワイヤーアクションだらけの映画も、好きですけども。それだけでは飽 きてしまいますのものね。  また、一週間労働の日々。がんばります。 11月の吉さまとの逢瀬を楽しみにしつつ。
 「永遠のマリア・カラス」を見てきました。まさに、ブラボー!でございました。 映画館でひっさびさに泣きました。ハンカチでごしごししちゃうくらい。かといって、べたべ たとウェットではなく、ヨーロッパの乾いた大人なウェットさというか、孤独な強さというか、 厳しい美しさ。堪能しました。  さて、昨日はチケ松特会でー初日でした。がんばりました。40分くらいかかりましたが、 希望の席はゲットできました。しかし、盛綱は観たことあるんですけど、ほっとんど記憶が 薄れています。以前の感想文を読むと絶賛してますが、吉さまに恋するアタシ的なちょっと エコヒイキ感想文だったような気がします。なんせ、鎧に着られちゃってるよーなほんとに ちっちゃい小三郎しか脳裏に残っていない状態です。それだけに初めて観る演目のように 楽しみに観ようと思います。  三連休、吉さまとの逢瀬をされた方々、レポお待ちしております。
 10月 5日 夜    青い魚が美味しい季節になりましたねぇ。さんまも鰺も鯖もんまいっす。鰯は不漁で高値だ そうですけども。  9月の爆走の甲斐あってか、今のところ発作も起こさず、東京で大人にしております。 来週の土曜日は、はや11月歌舞伎座チケ松特会デー。がんばります。  蟄居して大人な10月、レンタルビデオ月間となっております。「ザッツ・エンターテインメント」 「風と共に去りぬ」「リュミエールの子供たち」「昼下がりの情事」「ジジ・恋の手ほどき」 前に見たことのあるやつばっかなんですけど大人にしてるにはこーいうのがいいです。 本は角川ホラー文庫にぷちはまりしまして、吉村達也氏の文庫を5〜6冊。怖くて夜中明かりを つけっぱにして、寝不足になったりしてます。てへへ。。 と、金曜日には「英雄〜HERO〜」を再見してきました。やっぱり、「赤の物語」が好き。 あの黄金の枯れ葉の中の戦闘シーンは夢のように美しゅうございました。がっ、見直してみて 気付いたのですが、あのシーン「女優の顔の前、体の前、下に落ちる葉」など葉っぱの形のいい 順に選んだっていうんですけど、あのスピードではばたきまくってると葉っぱの形なんてほっと んどわかりましぇん。(^_^;)そんな無駄ともいえるとこに人力使うとこ、そんなとこも好きです。 そして男優陣よりマギー・チャン、悪い病気もってそうな美貌で好きです。チャン・ツィーは実 は性格極悪みたいで(あくまで予測)嫌いです。  そんなわけで私は大人にしておりますが、御園座観劇の吉キチ各位におかれましては感想レポ 熱烈待望でございます。  さて、吉さまは宿泊ホテルでルームサービスでございましょうかねぇ?「夜の歌舞伎の広報活動」 はなさらないのでしょうか?そんなことも気にかかりつつ、千穐楽まで吉さまが心身ともに機嫌よく 健やかに舞台を勤められますように。 2003年 9月のおのろけ 2003年 8月のおのろけ 2003年 7月のおのろけ 2003年 6月のおのろけ 2003年 5月のおのろけ 2003年 4月のおのろけ 2003年 3月のおのろけ 2003年 2月のおのろけ 2003年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2002年 12月のおのろけ