2002年 2月のおのろけ

 
2月も終わりです。ココロは4月に飛んでます。4月に降る雪。南部坂雪の別れ。舞台に降る雪、 大好きです。しかし、みょーにあったかい今年。4月なんて初夏の陽気になったりしないのかしらん。 そして、桟敷に飾られるのは桜っしょ?ま、桟敷などに縁はありませんが。。ま、春爛漫に見る雪 景色もいとをかし。でも、十種香の文治さんてどんな役なんしょ?  蟄居中は(も)読書に逃げます。はい。図書館で貸りた本“團十郎と菊五郎”“その日ぐらし” “芸の秘密”“憂世と浮世”“新撰組顛末記”文庫で“巫子”“元禄絵巻”“緋い記憶”読むわよ〜ん。 あと週末は久々にゴッド・ファーザー三部作の一気見でもしよっと。吉さま禁断症状を忘れるため、 がんばるじょ。                   2月28日 夜
 嗚呼・・・松王さんとの逢瀬も終わってしまいました。。4月まで逢瀬はおあずけ。んが、今日の 松王さんもすげかったわ〜。前髪松くんのおにーちゃんらしいかーいらしさは、でけ〜とにんまり、 よゆーで観てられますが、寺子屋の松王さんは、胸が痛くて痛くて、涙のカタルシスもあたえてくれ ません。と、自分が泣けてない言い訳をしてみたり・・しかし、上手く言えませんが“座頭”ってこ とを体現してる松王さんでした。これで、時平さんが、もーっちっと不気味で人間離れした悪の色気 と妖しさと大きさがあれば。。。つい、梅&桜が車壊すのに手をぶんぶん振ってるとこで、視界を松 くんから外してしまい、ちらと目に映った時平は・・・鼠男みたいでした。(^^; ああ、でも堪能しましたっ。夜の部全幕出演のちょーお得月間でした。うふ。でも、オケツは痛いで す。ついでに首も背中も痛いです。はい。いや〜ん、身も心もぼろぼろ〜。吉さまのせいよ〜ん♪ (年がら年中、バカですんまそん。。(^^;)  そして、俳優祭のチラシが出てたのでもらってきましたが、それをアップする気力は今日はなし。 明日ね〜ん。  でもさ、あのあと、松王、千代夫婦はどうすんのかしらねぇ。あまりにも深淵をのぞいちゃって。 しかしすべてを超越して、小太郎の犠牲は十字架のよに背負いつつも幸せに穏やかに暮らしてほしい と願うのでした。  では、4月まで芝居見物は蟄居に入ります。                   2月26日 夜
 書いてるうちに24日になっちゃうか。ま、よろし。本日23日土曜日、松王さんと四度目の逢瀬 をしてまいりました。あたくし、おこがましいけれども断言してしまいます。 世界一の松王!だと。  で、ご機嫌さんで、カブキチ仲間さんと帰りに一杯やってよい心もちです。んが、風邪が抜けきれ ないのよね。咳が残るのよね〜。ま、松王さんとおそろだからいいか(なんでやねん!) あたくし、しみじみ思う。我らが旦那さまは・・・ 世界一のいい男!だと。 そんなわけで、千穐楽前最後の土日。みなさま、素敵な観劇をされますように。                   2月23日 夜
 発作をおこして、突発的に松王さんと逢瀬してきました。伝文の収録が入っていました。・・・ なんか・・・すごかったわ〜〜〜ん。今日は寺子屋の松さんにやられました。見つめすぎて、眼球が ばりばりです。疲れた。。ぐったり。。きんぐおぶ苦悩が、心地よく泣かせてくれるとかいう域を超 えちゃって、索漠たる心の痛みの海に溺れてしまいそでした。すげかった。。ボーゼン。。行ってよ かった。はい。  と、うふふ。。うっふふふ〜。パー加入番組表@3月号がきまして、とうとうとうとうとうとう 知盛吉さま放送!あ、4月ですよ。4月。3月の番組表で、,来月のちょこっと予告に載ってたです。 あ、米百俵は3月放送です。3月になれば、伝文の番宣映像で、あの、美しくて美しくて凄絶な知盛 吉さまを見られるのねぇ。感涙。ナマの舞台とは別ものだけども、うれしいわ〜。  嗚呼、コーフンはしてるけど、ちかれた〜。顔洗って寝る〜。・・・松くん・・・むにゃむにゃ・・ 知盛さま、んがんが・・・(とらさぶーさんは・・・(^^;)                   2月20日 夜
 病み呆け。。さて、松王さんの仮病は何の病だったのでございましょうねぇ。などと考えつつ、週 末も終わり、明日から労働日でございます。はい。熱はさがって、咳もちっとはおさまってますが、 本復してません。風邪。嗚呼・・・  で、半七捕物帳は4冊目に突入。そして、前に読んだ人斬り半次郎を再読中。おもしろい。週末は 松王さんとの逢瀬もなく、読書三昧してました。で、バレンタイン観劇を反芻していると、前髪状態 の松くん、梅くんは、 怪獣だあ!と。しみじみ思うのでした。でけ〜。ずしーんずしーん!瘧も落ちます。はい。 そんなわけで、週末に怪獣二匹との逢瀬をされたみなさま、ご報告待ってますよ〜ん。寺子屋の松王 さんに関しては、まだまだまだ理解できてない私ですが、松王さんは、あの後、どうするのかしらん? と案じられてなりません。・・・んが、んが、ふわわわ〜ん。お風呂入って、風邪薬飲んで、寝てみ ます。松くん・・松くーーーんっ!・・むにゃむにゃ。                   2月17日 夜
 世の中はバレンタイン。んが、私は・・・一昨日、ちっと咳出るなあと思い、お昼休みに風邪薬飲 んだものの、昨日はああた、目ざめたら38度。おーまいが〜ん!で、最盛期には39度超えてまっ てひゃ〜ひゃ〜呻きながら寝てました。はい。しかし、発熱って苦しいけど、そこはかとなく嬉しい。 ま、風邪で、今日にはほぼ回復してるくらいの熱だからそー感じるんだろうけどね。ほでも、一瞬死 ぬかと思いましたわ(大げさ)なんとか咳もおさまり、明日は出社できそうです。っちゅーか、もー 休めんっちゅーの。・・・・・んが、本日、バレンタイン観劇してきちゃったのよ〜ん。咳止め薬を かぱかぱ飲んでったので、そーよそさまに迷惑かけるよな咳は出ませんでした。気絶もしませんでし た。ぼおおっとはしてましたけど、松くん、梅くんにお祓いしてもらったのでだいじょびでしょう。  そんなわけで、みなさま体調管理には注意しませう。(って、自分がいっち打たれ弱い。。とほほ ほほほ。。。。。)                   2月14日 夜
 三連休最終日。みなさま、いかがお過ごしでしたか?私は、3m松王さま(車引、賀の祝のときは 5m)との逢瀬もなく、のべ〜んと過ごしておりました。いやあ、寝た。赤子のように。そして、久 々のアルコール完全二日抜き。肝臓がよろこんでる〜。はっはは。で、図書館へ。「カポネ 人と時 代」@ローレンス・バーグリーン著 常盤新平訳、「歌舞伎という宇宙」@渡辺保著、「秋夜」@橋 本治著 楽しいっす。図書館。あと、文庫自腹ではまってまったのが、岡本綺堂の「半七捕物帳」の シリーズ。今、2冊目を読み終えました。おもしろいでないの〜。「白髪鬼」もよろしく。って、別 に吉さまが鬼に扮してる話ではない。(わかってるっちゅーの)  で、三連休を吉さまザンマイされた吉キチズのみなさま、どうでした〜?成長つづけてますかあ? 次に自分が観にいくときは、歌舞伎座からはみでちゃってるかも〜などと、ちょっと心配(?)して いる今日この頃です。  あー、目玉とけそー。でも、まだ寝られそー。とほほほほほほ。。。。。                   2月11日 夜
 娘。。じゃなくて、“嬢”なんだねぇ。「嬢景清八島日記」昭和34年。吉さま=15歳。子供だ よねぇ。まだ。キリギリスのようにほっそい頃だ。っちゅーわけで、伝文の嬢景清八島日記を標準録 画しながら書いてます。はい。  初日節分観劇が楽しかったり、感想文書くのに忙しかったり、平和な日々を送ってますが、実は、 2日の土曜日↓を書いた日ですが、カニを喰べたっすよ。ズワイガニまるごと買ってきて、キッチ ン鋏で解体してましたら、おーまいがっ!指まで切ってしまいました。あっはは。ばか。結構深く 切れちゃってなかなか血がとまりませんでした。日々、平和でもいろんなことがあります。はい。 みなさんもお気をつけあそばせ。(って、だいじょーぶだっつーの)  図書館で貸りた本:「芸づくし忠臣蔵」@関容子著、「歌右衛門伝説」@渡辺保著、「歌舞伎ま す」@竹田真砂子著、「江戸の快楽」@荒俣宏著 もちょっとで全冊読み終わりますが、みんなおもしろいっす。あなたの読書ライフにお役立てくだ さい。でも、カブキチさんは、とっくに読んでるかな? (どっひゃ〜!又五郎さん、わっかーい。うっしゃー。雀右衛門さんも。43年前だもんねぇ。遠 い目)                             2月 6日 夜
 2月っす。寒いっす。うっひょ〜ん。で、立ち読みするにはすんごい不適切な家庭画報を立ち読み して(会社帰りの本屋にて。)自分ちの最寄りの本屋で買って帰りましたよん。悪、ワル、色気ある 悪。観たいね〜。うん。傲慢で狂ってて色気のある悪。観たい〜。チェザーレは、今は無理なのかあ。 今だったら、チェザーレやルクレツィアの父枢機卿なんて面白いかもね〜。ちょっと、ナマグサ坊主 すぎるかしらん。ぼーず?=ハゲ?駄目だこりゃ。とほほほほほほ。。。それよりも、西洋の悪党は 肉喰らってまっす!的な味が濃厚だから、そっちがちとキツイかな。でも、ちょっと、悪くて怖くて、 しかも色っけーバリバリの悪い吉さまを観てみたいものだ。  ま、それはさておき、3mには成長しているであろう松王吉さまが楽しみです。特に観たことない 前髪のリキリキ松くんが。                     2月 2日 夜  2002年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2001年 12月のおのろけ