2002年11月のおのろけ

 うあああああーーーーーっ!!…景気づけに吼えてみました。元気です。は〜い。 みなさま、ご承知のように、モードはクリスマスなんですけども、ま、あと、一ヶ月 は切りましたし、年の瀬っぽくなってまいりましたねぇ。  あまりの無聊さに、またまた、池波氏の文庫なぞ読み返してます。やはり、身も心も寒いと きは、剣客商売がよろしゅうございます。十二月になったら、忠臣蔵関連をリピート読書しま くろうかと思いまふ。  今年は、義士討入り三百年とやらで、12月14日前後の泉岳寺はものすごいことになるん でしょうねぇ。今年は、14日、休みだし。 先年、はとバスさんで泉岳寺には詣でましたが、そのときは、ふーん。くらいの感慨しかあり ませんでしたが。アタクシ、ここんとこ、毎日「忠臣蔵な人」ビデオをリピートしてまして、 テープすりきれそーです。(笑)  おのろけを書く元気も減退しちゃうほどのこの頃ですが、がんばります。はいっ!(←サンデー毎日風です)                   11月28日 夜
 吉キチ各位:アンニュイな日曜日の夜、いかが、おすごしでございましょうか?アタシ? でろ〜んと、くった〜んと、とれれれ〜んとすごしております。嗚呼…冬の夜は長いのぉ。。。 だるい。。あまりにも寒い。。。はあああ。。。さ、お風呂でも入って寝るとしませう。。 んん、吉さまがいないと、よけーにぼけぼけのぐずぐずになります。ほおおお。。。                   11月24日 夜
 嗚呼、つ、つ、つかれた〜ん。でも、がんばる〜。一週間は長い。。吉さまがいないと、 とても、とても、長い。。来年1月のためにズル休みしないようにしなければ。。 嗚呼、吉さまが恋しい。。(こればっかや。。)お風呂入って早寝だ。。で、吉キチ各位は どーやって寂しさをまぎらわしているのでせう?ちょっと、聞いてみたかったり。  と、裏ちぇいさ〜@まどかさん情報によると、2003年十月御園座@顔見世に、吉さま と仁左さんが出演(予定)だそうな。実は、御園座で歌舞伎を観たことないんでし。御園座って 特別席とかゆー席分けなのよねぇ。かぶりを狙うとすると。んが、演目によっては、清水の 舞台から飛び下りちゃってもいい。でも、2003年九月には、初代の五十回忌ですんごい 濃密な舞台を見せてくださるであろう。あ、そっか。吉さま禁断症状月間の吉キチ各位は、 先の吉さま舞台に想いをはせて耐え忍んでいるのね。。納得。 嗚呼、♪一日逢わねば〜千日の〜♪では、みなさま、良いお年を。。って、まだはやーい! と、お願い:2002年吉さま舞台ランキング みなさま、どんどん書き込みお願いい たしまする。よろしくです。                   11月19日 夜
 あったかお風呂が恋しくなるさぶさですね〜。心もさぶいです〜。吉さまが恋しいです。 吉さま舞台の無い冬は極寒。。なんか、秋じゃなくて、冬ですもんね。しかし、紅葉は綺麗 ですわ。うちの前の桜の木々なんて、とろけそなオレンジ。朝の空気の澄んだ時刻に見ます と陶然となる美しさです。はい。そんなわけで、 吉キチ各位:大人にしているのですよ。風邪などひかないように。←吉さまの声音で想像 していただいてさっぶい冬を乗り越えましょうねぇ。嗚呼…  アンディーにお目にかかったら絶対泣いてまいそうです。あっはは。と空元気に笑ってみたり。。                   11月17日 夜
 サンデー毎日の不思議。。いへね、先々週頃から買うのはやめてたんですよ。だって… いっつも、奥様オチなんだもん。。ま、それはいいんですけど、立ち読みだけはしてたんですよ。 んが!昨日の火曜日は忘れっちたんです。で、今日仕事帰りに立ち読みしようと、帰宅途中 の本屋さんに無し。。地下鉄売店3件も。。自宅最寄り駅の売店1件も。。自宅最寄りの本 屋さん2件でも売り切れ。。ええ!なじぇ???だって、昨日の今日じゃん?そんなに売れ ちゃうものなのかあ?謎だ。うーむ、読み逃がしたとなると気になる。きー!吉さま〜ん。  そんなわけで、柳沢教授視聴に集中しよっと。そのあとは、水10!だわん。嗚呼…                   11月13日 夜  
 日曜日の夜はアンニュイでございますねぇ。ナマ舞台を観終えたあとのコーフンもなく、 ただ空虚にさみしゅうございます。  はい。紅葉は美しく、空は青く、陽光はさんさんと、空気は凛として気持ちの良い一日で したが、舞台の吉さまのいない週末はさみしさばっかり。こんなときは、ものごとを青く、 蒼く考えてしまいまふ。いけません。穏やかに怒らずに、感謝しつつ日々を送ろうと思いまふ。  そんなわけで、クリスマスのアンディーとの逢瀬まで、心の強制前向き向上月間としつつ、 元気だせ元気だせ元気だせ!自分!でございます。夏の吉さま禁断症状も辛うございますが、 冬の禁断症状月間はなおさらですねぇ。秋をとばして、冬になっちゃったよに寒かったりし ますし。。ま…………… お正月も間近よね! とみずからを奮いたたせつつ。。吉さま〜。恋しい〜。ほおおお。。。なんて嘆息してみたり。                       11月10日 夜
 ポーラ美術セミナーレポもアップしてしまい、ほけら〜っと、さみしさ身にしむ今日この 頃。みなさま、お元気でしょうか?吉さまは、まだ、京都の空の下で撮影でしょうか? そして、忘れてはいけませんよ。 明日、11月 7日 22:54〜23:00「忠臣蔵な人」テレビ東京。自分も忘れない よにしなければ。  と、さっき、ホーム・ドラマchで、幸四郎アニさんが柳生十兵衛をやってまして、それを 見てしまいまひた。そして、今、柳沢教授を見ながら、これを書いてまふ。いいのか?アタシ。 別によろしがな。自主つっこみ。  ……………アンディーーーーーッ!!……………と、ぷち崩壊してみました。。                  11月 6日 夜
 背景と文字色を明るくピンクにしてみましたが、ご承知のとおり、さみしいです。(^_^;)  昨日のポーラ美術セミナーは、ひっじょーに貴重な吉さまの“素”を見ました。吉右衛門 というのでもなく、ほんっとに、なみのひさのぶくんでした。トークのときって、飾り気な く、シャイでちょっと自虐的ひねひね謙遜のかたまりだったり、ユーモアたっぷりだったり するのですが、好きな絵の話をちょっとムキになって訥々した熱弁で語る吉さまは、まるっき り男の子でした。あまりに純粋で、あたくし、ちと嫉妬してしまったです。こちとら、そこ そこ汚れてるんで。。(^_^;)で、ある吉キチさんと、終わったあとちと話したのですが、 結論は… いい意味で役者っぽくもないし、 けっしてオジちゃんでもない! でした。そんなわけで、こちらの心をちょっぴり切なくさせるほどの純粋さなのでした。 というわけで、この三連休中に必ずや、レポアップいたしまふ。←と、自分にプレッシャー がんばりまっす!で、その前にひとつ。やっぱり、セザンヌがいっち好きとのことです。 私、セザンヌがどんな人生を送ったのか知りませんが、曰く「ガンコなところが自分にも 通じていて、好き」とのこと。そうか〜。シャイシャイ自虐的ピュアピュア謙遜の塊は、 実はガンコでもあったるか〜。うーむ。深い。。                  11月 1日 夜 2002年10月のおのろけ 2002年 9月のおのろけ 2002年 8月のおのろけ 2002年 7月のおのろけ 2002年 6月のおのろけ 2002年 5月のおのろけ 2002年 4月のおのろけ 2002年 3月のおのろけ 2002年 2月のおのろけ 2002年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2001年 12月のおのろけ