2002年 7月のおのろけ

 ささ、7月も終わりですよー。9月まであと一ヶ月ですよー。(あたりまえじゃ) 吉キチ各位:大人にしてますか〜?この「大人に」って素敵な言い回しですよねぇ。吉キチ各位には、 いまさら、言わでもがなでござんしょーが、半ズボンをはいた播磨屋の後ろの方に、雛祭りの項があって お雛さまを飾ってる吉さまがお嬢ちゃまたちに「大人にして見ているのですよ」って。あれを読んで 以来、その言い回しに惚れました。去年の新版鬼平犯科帳の“男のかくれ家”の中でも「女が大人に しているのは当座のうちだけだ」という台詞がありました。あのシーンの鮎の(たぶん鮎だと思う) 骨抜きを器用に綺麗〜にしつつ、↑の台詞を言う姿の、粋でもあり、お育ちのよさあふれまくりでも あり、お茶目さんでもありで、私、好きなシーンです。はい。と、この回では、石切梶原ポーズもあ りましたなあ。と、回想しつつ、熱帯夜もつづきまくりの今日この頃・・・泣きが入るほど、昼夜、 暑いですけど、9月まで・・・ 大人にしているのですよ・・・ 吉キチ各位:↑を吉さまの声音で想像してみてください。はい。                   7月31日 夜
 きゅううう。。ぐったり。。んでも、今夜はちっと涼しい(ような)気がします。はい。金曜日に 月に一度の鍼に行き、土日は、けったりきゅううう。になってました。今は、ホームドラマchで、鬼 平を見てます。かっちょいいっすねぇ。やっぱり。  かっちょいいといえば、昼間の番組で、ラ・マンチャの男の特集番組を見てしまいました。かっちょ いいですねぇ。素の幸四郎さん。ジーンズの還暦、見果てぬ夢〜♪でございました。(意味不明(^_^;) で、染さんもちらちら出てたんですが、なじぇか、金髪にブルーコンタクト。???謎です。ラ・マンチャ の男なら見てみたい。んが、蟄居期間中だから、見られません。残念〜。(笑)で、8月はお休み月間の 吉さまですが、アニさんの、千回記念公演、見にいかれるのでしょうかねぇ?(ちょっと、好奇心)  嗚呼、夏は長い。。くじけてしまいそうです。。                   7月28日 夜
 今夜はちょびっとだけ、涼しいそうです。「冷房無しで眠れます」って、さっき、テレビでお天気 オネーサンが言ってました。  そんなわけで、ずる休み防止日常は、いまのとこ順調にいってますが、9月までながい〜。んが、 紀尾井小ホールでのトークショーまで、あと一ヶ月。んっふふ・・・  池波正太郎氏再読で、“フランス映画旅行”と“その男”を読み返してます。“牡丹灯籠”文庫は めっけたんですけど、本屋さんでパラパラめくってみましたら、あまりにも読みにくい。。ので、購 入をためらっていますが、読まれた方、「んなことねーや、おもしろいよーん」でしたら、どうぞ、 私を説得してください。(笑)あ、あと、小林恭ニ氏の“カブキの日”が文庫になってます。吉さま 禁断症状緩和および蟄居閉門斎戒沐浴精進潔斎のつれづれを慰めるため、興味のある方は読んでみて ください。↑(絶対、日本語の使い方がおかしひ。)  平凡な私の日々でも、こまごまといろんなことがありますが、働いて、食べて、寝て、吉さま舞台 との逢瀬を楽しみに待つ。そんな毎日が滞りなく続けば、大幸福でございます。はい。フツーに暮ら すってことは大切なことですねぇ。しみじみ。しかし、そんな日々がいつまで続くのか・・・そこは かとない不安も感じつつ、感謝と覚悟の毎日です。はい。  吉キチ各位:夏バテせずに元気に吉さまとの逢瀬を待ちましょうね。吉さまも夏バテなどしません ように。                   7月24日 夜
 あつっ!かったですねぇ。この週末も。昨日の丑の日にはうなぎを食べました。美味しかったで す。そんなわけで、吉さまもきっとうなぎを召し上がったのでしょうねぇ。好物らしいですし。と、 うなぎを食べながら、そんなことを考えておりました。そして、暑い・・・ねったいや〜ん。  で、ひさびさに「八月の鯨」をかりてきて見ています。よいですねぇ。リリアン・ギッシュ。サイ レント映画時代からずーっと現役。八月の鯨撮影時、すでに90歳でしたから、今はもう亡くなって おりましょうか?そして、ベティ・デイビスもすんごいっすね。しずか〜な淡々とした物語世界の中、 しずか〜な芝居を淡々としながら、なおかつ、すんごいという、役者魂でございますねぇ。そんなわ けですので、アタシもがんばります。はい。ずる休みしないで、吉さま舞台月までがんばるがんばる がんばる。んでも、あつ〜い。                   7月21日 夜
 昨日は、久々に吉さまとの逢瀬に行ってまいりました。奈良学とやら、不勉強のため、全然知りま せんでした。そして、12時開場、13時開演だったのですが、なんせ、入場整理券なので、早いも の勝ち。暑さに愛がとろけてたアタシが、会場へ着いたのは12時ちょいすぎ。ああ、愛が足りない。 んが吉キチ仲間のMさんが席をとっててくれました〜。感謝観劇雨あられ。ありがとう〜。 というわけで盛況でした。 んが、はじめの1時間ちょいは東大寺別当様のお話。・・・す、すみません。爆落ちしてました。(^_^; それから休憩→14時半くらいから16時までずーっと吉さまはいらっしゃいました。はい。大仏様 のパネル写真を真ん中に上手に吉さまと別当様、下手に絹谷氏(洋画家)、女性進行役。吉さまはあ まりお話になりませんでしたが、その表情やらがとっても謙虚なシャイシャイさで失礼ながら可愛ら しかったです。舞台でのきんぐおぶ苦悩ぶりや、歌舞伎座からはみでそなでっかさとは正反対の謙虚 な優し気なシャイシャイな・・・うまく言えませんがピュアなんですねぇ。ピュアといえば、絹谷氏 も吉さまとは一風ちがったピュアさで怪走しておりました。あっはは。久々にお顔を拝見できたので、 ちっとだけ元気になりました。そして私の脳裏にやきついているものは・・・  キトラ古墳遺跡! ・・・すんまそん。。。行かれた方だけ、そこはかとなく納得していただければ・・・(^_^;  明日は台風とやら。みなさま、お気をつけて〜。                   7月15日 夜
 台風一過後、二日間、ぴか晴れ猛暑の太陽がいっぱいだ状態でしたねぇ。なんとか、ズル休みも遅 刻もせずに、一週間、がんばりました。ふい〜っ。今年の初もも食べました。んまんま。  気分は秋なんですけど、まだまだまだまだ夏です。が、が、がんばります。 で、10月も歌舞伎座で、しかも、仮名手本忠臣蔵ってマジ?うれし〜。んが、眠いとこもいっぱい あるよね?っつーか、初由良さま体験が吉さまでないアタシ・・・愛が足りないかしらん。 由良吉さまもいいが、実は、平右衛門吉さまもすんごく観たい。日替わりでいろんな役をやってくだ さらないかしらん。  私の近況は蟄居中です。プリンタも買いましたので、シール作りにいそしんでます。あと、来年の 年賀状はばっちりです。(笑)                   7月12日 夜
 蟄居中の吉キチ各位、いかがおすごしでございますか?私は、ただ、ひたすらズル休みしないよう 頑張ってます(笑)休みは9月からいっぱいとる!しかし、暑い。夏だから。昼休みに昼まんまに出 かけるだけで、ああ、太陽がいっぱいだ。。状態。そんなわけで、ぐったりけったりきゅうううなの ですが、今度の日曜日は、奈良学とやらに行って、吉さまのお顔を見てまいります。どんなもんだか ぜんっぜん、わかりません。はい。  忍びの女も読了しました。そろそろ真田太平記に突入しちゃおっかな。                   7月 8日 夜
 暑かったですねぇ。夏ですねぇ。梅雨、終わってませんけど。9月の演目も判明しました。 ・・・じろじゃぇも〜ん吉さま。あの、キリストさまに見捨てられた(と思った)ユダのごときじろ じゃえもんさんですよ。(ほぼ意味不明)しかし、雀右衛門さんはすごいねぇ。あの見染めの道中、 だいじょびかしらん。台詞もいーっぱいあるし。。火花ばっちばっちの吃又夫婦コンビふたたび。 やる時はやる。楽しみ80%不安が20%くらいかしらん。で、牡丹灯篭ってどうかな?                   7月 4日 夜
 おり〜か〜んは、破れてもかっちょよかった。言い訳しないその美学。好きだ。  で、さっきまで、伝文でおーいおーい!のクマちゃんを録画しつつ、見つつ、“雲霧仁左衛門”の 後編を読んでました。それと平行して、忍びの女、上巻も読み中。おもしろい。じめじめ、じっとり のうっとーしー天気。正太郎氏の本は、実に“胸のすく”感じです。  と・・・敦盛さんの首を討つときの、花道奥でのひらやまさんとクマちゃんとのやりとり。・・・ あたくし、初めてひらやまさんを見ましたったったっ!                   7月 1日 夜  2002年 6月のおのろけ  2002年 5月のおのろけ  2002年 4月のおのろけ  2002年 3月のおのろけ  2002年 2月のおのろけ  2002年 1月のおのろけ *1998年 9月〜 2001年 12月のおのろけ